おまとめローンを選ぶならどんなポイントを重要視するべきか?

キャッシングの利用方法と審査
http://www.taismusic.com/archives/14.html

おまとめローンと言っても様々なものがあり、銀行系および消費者金融系に分けられます。

そもそも、おまとめローンを選ぶ際は、総量規制対象外のものを選びます。これは、貸金業法に定められる総量規制すなわち年収の1/3までの融資額に縛られないためです。

ここで消費者金融の場合は貸金業法が適用されるため、実質的にはおまとめローンが出来ないと考える人もいます。

実は、消費者金融でも『貸金業法に基づく借換え専用ローン』というサービスがあり、他貸金業者からの借入だけを一本化することが出来ます。

もし、複数社の消費者金融から金利18%近い融資を受けていた場合、借換え専用ローンで金利を15%まで下げることである程度の利息削減が可能となります。

一方、銀行の場合、使用目的が自由なカードローンによりローンやクレジットカードのショッピングでリボ払いになっているものを一本化することが出来ます。

リボ払いの場合、実質年利18%の利息が発生するため、消費者金融のカードローンと同等の支払いになることがあります。そのため、銀行系カードローンによりまとめることで、総支払額が大きく減少する可能性を持っています。

実際にどちらを利用するべきかは、自分自身の借入状況により判断が必要ですが、ショッピング枠やキャッシング枠のリボ払いが複数社に亘っている方は銀行のおまとめローンを選ぶのが良いと言えます。